くぎゅうううううううう

日本人の冬の高校二年生~夏の大学1年生

個人的時間の使い方

時間があるのとないのでは、作業効率にも影響します。

まずは、例としてあと3ヶ月に試験がある人がいたとします。その人はもう死に物狂いで勉強しますから、成績も中々に伸びていい感じ、ハーピーエンドの可能性いっぱいです。

で、あと2年の人がいたとします。
まあ、まだ時間あるだろ〜とか言い訳して、あしたから本気出す。今日はちょっとー無理かな〜。

後3ヶ月になったとしても、もはや危機感など微塵も感じてませんから、テキトーになって結果惨敗。骨も残りませんね、

と、このように時間ない奴のほうが時に有意義だったりするのですよ。


基本的に例外だらけなのでこれは全く理にかなってませ〜〜ん。ちなみにこれは今日茶番のせいで、やる気を失った少年が明日から本気出す為に書いた文章です。



明日から本気出す。
明日やるはバカヤロウ(  '-' )ノ)`-' )