くぎゅうううううううう

日本人の冬の高校二年生~夏の大学2年生

けぱっぱ (id:sakep) 265日前

ペンタキルをとったので初投稿です。
KRIOPNTシュシュシュシュにより潰えたジンクスのペンタキルチャンスよりしばらく。
ようやく私にも人生初のペンタキルがやってきました。
そのチャンピオンはトゥイッチ、検索すると一番上にプロとかがよく配信してるサイトが一番上に来るあのキャラです。
やはりペンタキルは気持ちがいい。
いずれアニビアでもとってみたいものです。

さて、ネタもないのでKRIOの企画に触発されてお気に入りチャンピオンのアニビアについて振り返ってみたいと思います。

テンプレ通りwikiコピペ
蘇生スキル、貴重な壁生成スキルを持つMage
AoEスローやスタンをもつが扱いが難しく、使用難度が高め
DebuffのChillは特殊なSlowで、MS減少に加えEのダメージが倍加する
長所
AoEに優れ、Farm・Pushが非常に早い
通常攻撃とQ・Wの射程が長く、ロングレンジからの攻撃が可能
複数回判定や2倍ダメージで高い実質APレシオ
ゲーム全体を通じて強力な卵で復活するPassive
短所
Wで敵を分断できるが、味方も例外ではないため使い方に注意が必要
UltのMana消費が大きくMana管理に常に気を使う必要がある
最大HPが全Champion中最低でHPregも低い
PassiveのCDは長めであり、序盤は卵が非常に脆いため助かりづらい
   アニビア(Anivia) - LoLJPWikiより

このWikiの短所に序盤は卵が非常に脆いため助かりづらいとありますが、これにはアニビアの卵には
Lv1/5/8/12/15で増加するARとMRが上昇する。
増加AR, MR: -40/-25/-10/5/20
という性質があるための記述だと思われます。
私的には敵の火力の上がる後半の方が絶対生き返りにくいとは思うんですが数字だけみると確かに序盤の方が生き返りづらく思えますね。
なので死にそうなときはしっかりタワー下に逃げ込まねば。
実際タワー下にフラッシュアウトしてれば生き残れたのに・・・!という場面も今までに何度かありましたし・・・

さて、パッシブはもちろんですがアニビアの持つ数々のスキルの中でももっとも使い方が豊富かつ重要なスキルがあります。
それがWのアイスウォールです。

では使い道をあげてみましょう。
・敵の進路をふさぐ、遠回りさせる。
・敵集団の分断。
・ブリンクスキル発動の瞬間に足下に発動することでその発動をキャンセルする。
・5秒間視界を確保する。
・壁と壁で相手チャンピオンをはさみこむことで釘付け状態にする。
・真下に発動させた場合その上にいたチャンピオンを強制的に移動させる効果を利用してチャネリングスキルを解除させる。
・0のTrueダメージとKnock upが入ることを利用し、マルザハールのパッシブやミスフォーチュンやガレンなどの非戦闘状態時に発動する効果をつぶす。

1つのスキルで壁にはこれだけ多種多様な使い道があります。
赤字で書いたのは自分がうまく活用できてない応用的な使い方ですね。
ブリンクキャンセルは特に難易度が高くて成功した記憶がありません。
5秒間視界をとれる効果はデワードできないワードとも言えるので、バロンなどのスティールを狙う際に非常に効果的だと思います。
また、チャネリングスキルの解除もチームの構成次第ではアニビアに与えられた重要な役割だと思います。
ミスフォーチュンやジン、ヴェルコズ、カタリナなどチャネリングスキルは放置しておくとすさまじいダメージをたたき出すので、相手の構成にこれらのチャンピオンがいれば発動した瞬間に止められるように心がけ、残しておくことを心がけたいと思います。

聞いたところによるとジャーバンⅣのウルトの壁からもアニビアの壁による移動で脱出させられるとかなんとか。

LOLで数少ない味方を殺しうるスキルの一つなので使い道を誤らぬよう気をつけながらもアニビア玄人目指して練習していきたいです。
さけぱっぱ (id:sakep) 265日前